台風直撃に備える方法と買い物リストを解説|停電準備に必要なこととは?

例年、7月から9月頃は台風が多く発生します。

地震や火災は予想ができませんが、台風は予め進路がわかって予想ができる災害です。

いざ、数日後に台風が直撃するという予報が出た場合になにをするべきなのか、買い物リストや停電に役立つ防災グッズを解説します。

 

えま

命を守るため、事前の備えが大切です。

 

スポンサーリンク

[目次をクリックすると見たい場所に飛べます]

台風直撃の予報が出た場合の事前対策

台風が起こったら

排水溝や側溝の掃除

簡単なことですが、大雨による浸水被害を防止するためにとても重要なことです。

排水溝や側溝にゴミがたまっているとうまくが排水できず、溢れかえった水が家の中に浸水していきます。

 

えま

マンションでもベランダ浸水の可能性があります。ベランダの排水溝掃除を行いましょう

 

シャッターや雨戸がない窓ガラスの補強(養生テープ・飛散防止シート)

台風で気をつけたいのが強風による飛来物です。

対策方法としては

・窓ガラス自体を守る
・ガラスが飛び散らない対策をする

ということが必要になります。

すでに直撃が間近に迫っている場合は、以下のように養生テープとダンボールで両方の対策ができます。

 

 

直撃まで日にちがあるようでしたら、ガラス飛散防止シートを貼っておくと台風が来るたびにガラスの心配をしなくて済みます。

 

物干し竿や風で飛びやすいものをすべて家の中へ

強風によって、庭の植木鉢やベランダの物干し竿が飛んでいき、近隣の家のガラスを割る可能性があります。

ベビーカーや傘立て、電動自転車といった重たいものでも確実に安全な家の中に入れておくことが鉄則です。

万が一飛んでいったら見知らぬ誰かを怪我させてしまう危険性もあり、賠償問題にも発展しますので予め家の中に入れておきましょう。

 

 

物干し竿は下ろすだけや結束バンドで留める方もいますが、物干し竿は思った以上に簡単に飛びます。大丈夫かなと心配になるよりは確実な家の中に入れておきましょう

 

玄関や裏口のドアの隙間を塞ぐ

台風により大雨や豪雨で河川が氾濫し、自宅浸水したというニュースは多いですよね。

実は、ドアをしっかりと閉めていても自宅が浸水したという声は少なくありません。

ドアの下のわずかな隙間や郵便受けといった意外なところからも、家の中に水が浸水してきます。

 

簡易土のうでドア下を防いだり養生テープでポストを塞いだりしましょう。

 

また、隙間風が入るようなドアは特に浸水の危険が高いのでドア隙間シートも有効です。

 

えま

タオルや畳んだ新聞紙を隙間に詰めるのも一つの方法です

 

お風呂のお水を目一杯ためる

台風によって水・電気・ガスといったライフラインが途絶えることもしばしばです。

記憶に新しい2019年の大型の台風19号では16万以上の家庭で断水が起こりました

お風呂のお水をためておくだけで生活用水(トイレを流す水や洗濯)を確保できます。

 

トイレに流す水は1回に6L程使用します。個人差もありますが、平均のトイレの回数は1日5回程なので、実はお風呂のお水は1日で使い切ってしまいます。できれば大きなバケツやダンボールにゴミ袋をセットしたものにも水をためておくとより安心です。

 

ハザードマップの確認

自分の住む地域がどんな自然災害の危険性があるのか、いざとなったら避難する必要があるのかどうかを予め知る必要があります。

国土交通省のハザードマップポータルサイトでは自治体別に選べたり、住所の入力で現在地のマップを瞬時に確認が可能です。

 

・洪水
・土砂災害
・津波
・道路防災情報

の4つの情報が表示されますが、このうち台風の接近で確認したいのが「洪水ハザードマップ」と「土砂災害ハザードマップ」です。

 

えま

自宅だけではなく、職場や子供の学校のハザードマップも確認しましょう

 

避難経路と避難場所の確認

また、いざという場合に迅速に避難できるよう、避難経路と避難場所の確認も欠かせません。

ヤフーが提供している避難場所マップが簡単に検索できて便利です。

 

MEMO:避難所と避難場所は違う

実は以下の表の通り避難する場所は、実は2種類あります。

避難場所災害が発生または災害の発生するおそれがある時に一時的に避難する場所(基本的に食料や水の備えはない)
避難所災害の影響で自宅などの生活する場が失われたときに、一時的な生活地として滞在する場所(飲料水やトイレがある)
自治体によって2つの区別の仕方や避難方法が異なります。必ず自分の住む場所の自治体の情報を確認してください

 

防災アプリを入れる

停電でテレビが遮断されても、スマホがあればアプリで情報を得られます。

また、災害の情報がまとめられているので知りたいことがすぐにわかるのも特徴です。

私は以下のアプリを入れています。

Yahoo!防災速報:警報の一覧や災害情報、マップ機能で雨の状況といったリアルタイムのユーザーの声がわかる
東京都防災アプリ:全体的な防災知識を再確認できる。安否連絡機能もあり。
radiko(ラジコ):ラジオアプリ。ネット環境があれば防災ラジオ代わりに使用できる。

 

えま

特にYahoo!防災速報は幅広くカバーされてておすすめです

 

公的機関のTwitterをフォローする

現在は、リアルタイムの情報が得られるソーシャルネットワークが一番早く情報を得る手段です。

といっても個人の情報は信憑性が不安なんで、以下の公的機関のTwitterをフォローすることが確実です。

以下の行政の公式ツイッターでは災害情報や気象情報をすぐに知れるほか、事前の備えについて学べます。

 

・首相官邸(災害・危機管理情報)  【@Kantei_Saigai
・首相官邸(被災者応援情報)【@kantei_hisai
・総務省消防庁【@FDMA_JAPAN
・内閣府防災【@CAO_BOUSAI
・気象庁防災情報【@JMA_kishou
・自分が住む自治体の公式アカウント 東京都防災はコチラ【@tokyo_bousai

 

えま

もしそな【@moshisona】でも日々防災知識を発信中です!

 

スポンサーリンク

停電に備えてやることリスト

台風の被害で多いのが停電です。

2019年の台風19号では、なんと6万以上の世帯で停電が発生し、99%の復旧まで11日もかかりました。(参照:経済産業省

電気が通らないととても不便な思いをするので停電対策も行いましょう

 

バッテリーの充電を満タンに

スマホの充電を満タンにすることはもちろんですが、モバイルバッテリーやポケットwi-fiなどの電子機器の充電を満タンにしておきましょう。

蓄電池やポータブル電源を備えておくとより安心です。

 

えま

パソコンの充電も満タンにしておくとスマホの充電器として使えます

 

保冷剤を凍らせる・ペットボトル氷を作る

停電になると困るのが、冷蔵庫が使えなくなること。

基本的には停電したら冷気を逃さないために開封しないことが鉄則です。

保冷剤があれば凍らせておけば冷気をより保つことができます。

 

そしてここで便利なのがペットボトル氷です。

普通の氷だと、溶けて冷蔵庫が水浸しになってしまいますが、ペットボトル氷だと保冷性が高い上に溶けてもペットボトルの中に収まるので水浸しの心配がありません

 

えま

基本的には移し替えない方が良いのですが、もしクーラーBOXに食材を移す場合は予め冷やしておくことが必要です

 

暑さ対策グッズをまとめる

台風が起こるときは真夏や残暑が厳しい時期です。

停電でクーラーが使えないととてもつらいので、冷えピタや充電式扇風機といった暑さ対策グッズをすぐに使えるように出してまとめておきましょう。

 

えま

アイスノンを冷凍庫に常備しておきましょう

 

▶停電対策に必須な防災グッズリストはコチラから

 

スポンサーリンク

台風に備えておきたい食品や日用品の買い物リスト

長期非常食を備えたり、常日頃からローリングストックで備えておくことが理想ですが、たまたま食材が少なかったという場合もありますよね。

ライフラインが途絶えたことを想定して、火やレンジを使わない食料を中心に購入しましょう。

 

飲料水3日分

飲料水は最重要の備蓄品です。

1人が1日に必要な水の量は3Lなので最低でも3L×3日分=9Lは備えましょう。

 

純天然アルカリ保存水は安全性が高く、7年保存ができるおすすめ長期保存水です。

 

えま

政府の推奨は1週間分です。断水が長期化した場合を考えると1人21Lが望ましいですよ。

 

非常食3日分

もしアルファ化米といった非常食が購入できなくても、スーパーで購入できるもので

 

・レトルトのお粥やカレー
・缶詰(おかずや果物)
・グラノーラやシリアル
・パン
・お菓子
・常温保存ができる果物(バナナ・みかん。りんごなど)

といった常温でもおいしく食べられるものがおすすめです。

 

もしカセットコンロを備えてあるなら、加熱調理ができるので

 

・パックご飯
・麺類(パスタ・うどん・ラーメン)
・即席味噌汁やスープ

 

といったものも簡単に美味しく食べられます。

 

まだ余裕がある場合はネットでまとめて購入しておくと、台風を目前に焦る必要はありません。

\3日分/

 

\1週間分/

 

 

えま

ふるさと納税を使うとよりお得に非常食を備えられますよ

 

カセットコンロ・ガスボンベ

上記のように、カセットコンロがあるだけで調理の幅が広がります。

台風が近づくと真っ先にカップ麺が売り切れていきますが、そもそもガスや電気が使えないと食べられませんよね。

まだカセットコンロが家にないという方は必ず備えたいアイテムです。

 

 

えま

ガスボンベも忘れずに備えましょう

 

衛生用品(日用品)

コロナでトイレットペーパーが売り場からなくなったことは記憶に新しいですよね。

台風が直前になるとお店が早めに閉まったり、休業することもあります。

以下のような生活必需品はなくなると困るので、残り少ないということでしたら1パック購入しておくと安心です。

 

・トイレットペーパー
・ティッシュペーパー
・ウェットティッシュ
・生理用品

 

おむつやミルクといった赤ちゃんグッズ

万が一被災すると、真っ先になくなるのが赤ちゃん用品です。

おむつミルクは普段から多めに備えておきたいところですが、もし少なくなっていたら事前に買い足しておきましょう。

断水した場合を考えて、使い捨て哺乳瓶もあると便利です。

 

 

えま

普段は母乳のママでも避難所のストレスででなくなる場合があります。ミルクを備えておくとより安心です。

 

 

直前の買い物よりも普段から備えることが重要

台風が近づくと多くの方が直前の買い物に人々が殺到して、パンやカップ麺といった簡易的な食料は棚からきれいになくなります。

仕事で夕方に買い物に行ったら何も買えなかったなんて声もあります。

非常食セットを事前に購入しておけば5年程は災害時の食べ物について心配する必要がなくなるので台風が来るたびに慌てないためにも、1セット備えておきましょう。

\防災の備えの基本はこの3つ/

「防災ポーチ」の作り方

「防災リュック」の作り方

「備蓄品」の備え方