冬に備える防災グッズと対策を解説!災害対策のストーブの選び方

災害は寒さが厳しい真冬に起こる可能性もあります。

実際に阪神淡路大震災が発生したのは、1995年1月17日の真冬の明け方、6時前でした。

2011年3月11日に発生した東日本大震災でも寒さが残る東北では、低体温症で亡くなる方もいました。

冬に起こる災害から命を守るために、必要な防災グッズを解説します。

 

えま

冬の防災グッズに必要なのはとにかく防寒対策です!

 

スポンサーリンク

 

冬に必要な寒さ対策用の防災グッズリスト

 

防寒着

冬の寒さに耐えられるような以下のような防寒着を防災リュックに入れておきましょう。

薄くて温かいウィンドブレーカーやヒートテックは特に重宝します。

レインコートも耐水圧が高いしっかりとしたものを選べば保温性にも優れています。

 

ウインドブレーカー、帽子、ゴーグル、マフラー、手袋、厚手の靴下、腹巻き、長ズボン、ヒートテック、レインコート

 

えま

冬の衣料はかさばりますし、持ち出し用のリュックにはいる容量は限られているので、避難時にできるだけ着込んでおくことが重要です。

 

 

アルミブランケット(エマージェンシーシート)

SOLエマージェンシーシート

防寒対策グッズとしてアルミブランケットの備えは必須です。

冬の防寒といえば毛布を思い浮かべる方が多いですが、ぬれてしまうと乾かすのが大変ですし、アルミブランケットの方がコンパクトで持ち運びが容易です。

季節を問わず防災リュックに必ず入れておきましょう。

SOLエマージェンシーシート』は富士山の頂上でも暖かいとい口コミがあるほど、保温性に優れており、オレンジ色で救助の際に目立つことから多くの登山家が使っているアルミブランケットです。

 

カサカサ音がなりにくくて眠りやすい

 

えま

たたむのも容易なので繰り返し使えます

 

使い捨てカイロ

開封するだけで何時間も暖まるカイロは、冬の防災対策の必需品です。

貼るタイプや貼らないタイプ、サイズもさまざまですが、わが家では中身が偏らずにかさばりにくい貼るタイプを備えています。

 

持続時間が14時間と長めで防災向き

 

MEMO:貼るカイロと貼らないカイロの違い
テープの有無だけでなく、実は貼らないカイロの方が一般的に持続時間が長いという違いがあります。全身を手早く温めるにはおなかに貼るのが効果的ですよ。

 

えま

女性は生理痛対策としてもカイロは一年中欠かせないものです

 

発熱剤

モーリアンヒートパック(発熱剤)

冬に限らず、冷たいままの非常食を食べるのは少し気が引けますよね。

被災者からは「温かい食事が食べられなくてつらかった」との声が多く聞かれます。

『モーリアンヒートパック』があれば、電気やガスがなくてもその場で食事を温めることができますし、防災リュックに入れておけるほど非常にコンパクトです。

 

火を使わないから火災の心配がゼロ

 

えま

もちろん、赤ちゃんのミルクを作るのにお湯を沸かしたり、離乳食を温めることもできます

 

スポンサーリンク

暖房器具(石油ストーブ・カセットガスストーブ)

冬の災害で一番困ることがライフラインが止まり、暖房器具が使えなくなることです。

 

MEMO
電気が止まると使えない暖房器具:エアコン、こたつ、電気毛布、ホットカーペット、電気ストーブ、オイルヒーターなど
ガスが止まると使えない暖房器具:ガスストーブ、ガスファンヒーター、ガス暖房など

 

えま:困り顔えま

赤ちゃんがいる家庭で人気なオイルヒーターも使えないのは厳しいですね…

 

冬の防寒対策として、ガスや電気が止まっても使える以下のような暖房器具を備えることが必須です。

石油ストーブ

 

石油ストーブは、灯油を使って火をおこすことで部屋を温める暖房器具です。

電気を使わない防災向けな暖房器具としては石油ストーブが一番広範囲を暖めることができて、燃費も良いといえます。

TOYOTOMIの石油ストーブ』は気になるニオイをセーブしながら消火できる機能や、万が一の転倒でも油がこぼれにくい2重タンク構造となっており安全性も高いです。

 

EUが指令した特定有害物質規制もクリア

 

カセットガスストーブ

 

えま:困り顔えま

わが家の場合、賃貸なので石油ストーブの使用が禁止されているんですよね…

そんな家庭でおすすめなのが『カセット式のガスストーブ』です。

石油ストーブに比べると狭い範囲での使用となりますが、カセットコンロで使用するガスボンベさえあれば部屋をすぐに温められる暖房器具なので賃貸や灯油を備えておくスペースの確保が難しいという方でも問題ありません。

イワタニのカセットガスストーブ『風暖(KAZEDAN)』は立ち上がりが早く、温風がでるタイプなので温かさをすぐに感じられることが特徴です。

 

たったの8分で部屋の温度が6℃もアップ

 

えま

イワタニにはカセットガスストーブがいくつかありますが、温風が出るタイプで子供がいる家庭向きなのは『風暖』だけです

 

カセットコンロ

カセットコンロがあれば、ライフラインが止まっても調理やお湯を沸かすことが可能です。

温かい食事を取れるように、防災リュックに入れるのは発熱剤で、自宅の備蓄にはカセットコンロを必ず備えましょう

また、カセットガスコンロの耐用年数は10年ほどなので、本体に印字されている製造年を確認して、古くなっている場合も買い替えが必要です。

 

イワタニの『カセットフー達人スリム』なら薄型なので省スペースで備えられます。

 

高さがたったの74mm

 

えま

見た目もスッキリとしていてカラーもおしゃれなんです

 

湯たんぽ

湯たんぽはカセットコンロで沸かしたお湯を入れておくだけで、こたつや布団を温められる手軽な防寒グッズです。

ゴム製、金属製、プラスチック製など種類が豊富ですが、陶器製の湯たんぽなら保温性が高く、温かさが持続しやすいです。

 

 

えま

陶器製はもっとも歴史が長い湯たんぽです

 

新聞紙

新聞紙の防寒力は警視庁もお墨付きです。

 

 

はおるだけでなく、敷いたり、ラップと組み合わせて腹巻き替わりと災害時に一番使い勝手がよいアイテムです。

新聞は読んでないから持っていないという方は購入もできるのでぜひ備えてください。

 

 

えま
子供と一緒に新聞でスリッパをつくったり、うつわをつくったりするのもおすすめです

 

冬に必要な防災グッズのまとめ

真冬に災害でライフラインが途絶えたときのことを考え、体を温める手段を確保しなくてはなりません。

自宅に備える電気やガスが不要な暖房器具をはじめ、防災リュックにいれるコンパクトな防寒グッズも本格的な冬になる前に備えましょう。

\防災の備えの基本はこの3つ/

「防災ポーチ」の作り方

「防災リュック」の作り方

「備蓄品」の備え方